読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麺屋はなび 新宿店(西早稲田)

f:id:K-norita0426:20160105173459j:image

正月休みも終了し、皆様「仕事始め」のことと思います。2016年も張り切って「生き抜きましょう!」………それには「息抜き」大事ですよね(って新年早々 親父ギャグ!)

1月4日。小田原から小田急線にて新宿、そしてJRで「新大久保」へ移動。

目指すは、こちら………

f:id:K-norita0426:20160105173518j:image
「麺屋 はなび(新宿店)」2014年から「ラーメン業界」を席捲した「台湾まぜそば」発祥のお店です。

f:id:K-norita0426:20160105173532j:image
開店時間25分前に到着も、すでに待ち客2名。まだまだ人気は続いているようです。

f:id:K-norita0426:20160105173550j:image
入店し、券売機で食券を購入。さて、何にする?

f:id:K-norita0426:20160105173607j:image
今回はこの組み合わせで攻めましょう!

f:id:K-norita0426:20160105173621j:image
にゃにゃん‼︎ 「塩 ¥730」と「台湾たまごかけごはん ¥290」です。

f:id:K-norita0426:20160105173638j:image
こちらは「塩」。

f:id:K-norita0426:20160105173649j:image
一口含むと、「旨味の宝石箱やー!」と叫びそうになるほどの美味しさ。これは最近の「塩専門店」にも負けてりゃしまへんでー。

f:id:K-norita0426:20160105173701j:image
麺はやや細めでスープに合う合う! 「意外な伏兵」、いや「影の番長」でしょうかね。あんた!これ食べないとあきまへんでー!

f:id:K-norita0426:20160105173802j:image
そしてお供があれば「台湾まぜそば」を食べなくてもよろしくてよ、ヒロミ。(なんで、お蝶夫人⁈)

あら不思議! 食べ終わると、後味が「台湾まぜそば」と同じ感じになりましたとさ、めでたしめでたし。

でも、やっぱり「台湾まぜそば」を食べなきゃね……と言う「あなた」。

実は………年末の12月30日に食べたんですよねー。

この日は次女を誘っての訪問。時間は開店25分前、なんと待ち客なしのポールポジション

f:id:K-norita0426:20160105173724j:image
まぜそば」は初心者の娘に譲り、私は「台湾ラーメン ¥730」をチョイス。

f:id:K-norita0426:20160105173744j:image
品の良い醤油味のスープにピリ辛の挽肉がトッピング。旨し。

f:id:K-norita0426:20160105173815j:image
麺も中細麺でスープに合う合う!これまた旨し。寒い日や辛さがお好きならこちらもオススメですよ。

あっ、忘れてた。その日一番来店者(複数でも可らしい…)には¥130相当のトッピングが無料サービスなんですよ。ちなみに台湾ラーメンには「メンマ」を選び………

f:id:K-norita0426:20160105173831j:image
こちらの「元祖台湾まぜそば ¥780」には「味玉」をオンしました。そして私もちょっと食べたいので「麺大盛 ¥110」と娘リクエストで「チーズトッピング ¥130」をプラス。早めに「無料トッピング」の事教えてくれれば「チーズ」は不要だったのですが………

さて、気をとりなおして、

f:id:K-norita0426:20160105173855j:image
まぜまぜしましょう。

f:id:K-norita0426:20160105173844j:image
混ぜ終わったら、いただきまーす。パスタに近い感覚ですね。文句なしの旨しです。

f:id:K-norita0426:20160105173911j:image
そして、こちらの「POP」が言うように……

f:id:K-norita0426:20160105173933j:image
「おい飯してなんぼ」です。(ちなみに無料ですけどね……て、その「なんぼ」じゃないですよー。)


2016年になっても「ラーメン」かよ!……と、思われたかもしれませんが、今回の投稿で「小休止」となる予定です。

2016年のプランは1月いっぱい検討を重ね、2月より本始動となります。


それではまた、次回。お楽しみに。