酒と魚 酒と壽(神楽坂)

(前回からのつづき)
f:id:K-norita0426:20151025144026j:image

結論は、「中目黒」は来月行くし「神田・神保町」は前回行ったので…迷ったあげく2013年以来 2年ぶりの「神楽坂」に決めました。

新宿からJRで「飯田橋」へ。それからブラブラ「神楽坂」へと向かいます。

まずは2014年10月オープンの新スポット…

f:id:K-norita0426:20151025144050j:image
「la kagu ラカグ」に行ってみましょう。

f:id:K-norita0426:20151025144103j:image
昭和40年代の空き倉庫をリノベ。レクチャー&ブック・スペースにインテリア・雑貨・ファッション、そしてカフェを併設しています。館内は撮影NGなので、興味がある方はググッとして下さいませ。

f:id:K-norita0426:20151025144116j:image
こちらがカフェメニュー。コーヒーは鎌倉に有名店「ヴィヴモンディモンシュ」店主のオリジナル焙煎。なんか奇妙な縁(実際は全く関係ありませんが…)を感じます。
朝8時からオープンしているとのこと。広いスペースにメトロ神楽坂駅「2番出口」のすぐ正面とアクセスも抜群。これは「止まり木」で使えますね。

その後はブラブラしたり、公園で読書したりして時間調整しましょう。

神楽坂近辺はお寺や神社が点在しているんです。
f:id:K-norita0426:20151025144137j:image
こちらは「赤城神社」。商売繁盛と学問成就で有名らしい。

f:id:K-norita0426:20151025144152j:image
こちらは「毘沙門天(善国寺)」。

f:id:K-norita0426:20151025144205j:image
あと有名チーズショップ「アルパージュ」もある(ぱーじゅ?)

f:id:K-norita0426:20151025144220j:image
あとは銭湯。「第三玉の湯」。今回は勇気がなくて入りませんでしたが、次回は、東京のど真ん中で銭湯、そのあとに旨い酒と肴…なんてやってみたいなぁ。

ブラブラするのも限界だなぁ〜…なんて思っていたら、「World Wine Bar」というお店を発見…
f:id:K-norita0426:20151025144232j:image
「BAR TIME」の看板が。こちらに入ってみましょう。

f:id:K-norita0426:20151025183326j:image
まずはカヴァのグラス ¥500 を。

f:id:K-norita0426:20151025144247j:image
二杯目はビール。カールスバーグ ¥700。

つまみも各種ありますが、夜の部集中のためスルー。あまり時間調整もできず退店。
でも、価格が税込というのが良いですね。「ラカグ」と同じく「止まり木」仕様で使いたいと思います。

まだまだ時間があったので、公園で読書にいそしみ…

そして やっと目当てのお店の開店時間になったので、待望の夜の部へと…

f:id:K-norita0426:20151025144316j:image
本日はこちら「酒と壽」。オープンは今年の2月。先日 訪問した神田の「焼ジビエ 罠」をプロデュースした「夢屋」が手がけた「古民家リノベ」のお店です。

もちろんポールポジション入店。

f:id:K-norita0426:20151025144329j:image
さて、何を食べましょうかね。

f:id:K-norita0426:20151025144345j:image
スタートはもちろん「生麦汁」にて。

f:id:K-norita0426:20151025144415j:image
突き出しは「海老のおどり」。頭はサクサクに焼いてあります。

f:id:K-norita0426:20151025144402j:image
まずはイカ。「イカ肝バター炒め」を注文。下北人はやっぱり「イカ」でしょ。

f:id:K-norita0426:20151025144434j:image
そしてお酒は青森の「八仙」。ひやおろしです。

f:id:K-norita0426:20151025144445j:image
そして遅れて登場、「お刺身盛り合わせ」。一人前でいろいろな種類がのってますよ。

f:id:K-norita0426:20151025144458j:image
そしてお酒は広島の「竹鶴」に。何となく「ウイスキー」の香りがするような…。

f:id:K-norita0426:20151025144513j:image
そして次の注文はこちら。これは何でしょう?

f:id:K-norita0426:20151025144523j:image
こちらは「じゃこの厚揚げ」でした。オーダー時に揚げるシステムですね。トッピングで厚揚げが見えませんよ。こちらは日本酒の「アテ」に最高。杯が進みそう…。

f:id:K-norita0426:20151025144534j:image
そして本日の最終バッター。大阪は「秋鹿」の山廃です。日本酒は20種類くらいのラインアップ。料金は一律、グラス¥450はうれしいですね。その他はホッピーやレモンサワーでしょうか。残念ながらワインは置いてません。でも その潔さが良いですね。なにせ「酒と壽」ですから。

f:id:K-norita0426:20151025144548j:image
そして、秋刀魚とどっちにしようか迷った挙句、「生ししゃも」に。身がプリプリです。本物は違いますね。

f:id:K-norita0426:20151025144602j:image
そしてシメは「炙り鯖 棒ずし 二貫」。肉厚のサバが「まんで」旨しでした。

食べた後、ふと「ライブ感を忘れてるなぁ」と感じました。
こちらのお店は「冷凍保存」は一切なしで、出来立て仕込みたてを提供しているとのこと。いつものようにメニューを見て「攻め方」を考えていた自分の未熟さを痛感した思いです。

目の前の仕込みを見ながらの「狙い澄ました」注文…的な、そんな「達人」になりたいですねぇ。


その後、蕎麦屋あたりでもう一杯…とも思いましたが、さすがに「歳」ですかね。

結局 切り上げて帰りましたとさ、とっちぱれ。


来月11月はラーメンツアーの総仕上げ。1日3食ツアーが2回続く…予定です。

これじゃぁ「ツアー」じゃなくて「つら〜」ですなぁ。まったく…


それではまた次回、お楽しみに。