読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鮎ラーメン (二子玉川)

f:id:K-norita0426:20150721184007j:image

前回に引き続き、今回もラーメン特集でございます。

金色不如帰で「鮎のラーメンが食べたいー」と思ったら、あっら、あるじゃなーいの!

ということで…

f:id:K-norita0426:20150721184016j:image
東急「二子玉川駅」へ到着。(「ふたこたまがわ」でないと漢字変換しませんね…)

そこから、6・7分歩くと…

f:id:K-norita0426:20150721184034j:image
ありました! こちらが今回のお店 、その名もズバリ「鮎ラーメン」です。

前回訪問は去年の3月。基本 夜オンリーのお店でして…

f:id:K-norita0426:20150721184105j:image
そのときは「鮎◯ゴトラーメン ¥1000」をいただきました。

さて、ポールポジションでの入店にて

f:id:K-norita0426:20150721184117j:image
「とりビー」してしまい、いきなり店員さんが生樽接続業務。いつもながら面倒な客ですこと。

f:id:K-norita0426:20150721184135j:image
お昼はこちらの「鮎涼ラーメン」1種類でのオペレーション。潔くて素晴らしいと思います。

f:id:K-norita0426:20150721184146j:image
そして配膳は意外にスムーズ。早々と登場です。

f:id:K-norita0426:20150721184159j:image
こちらが鎮座した鮎と麺。

f:id:K-norita0426:20150721184213j:image
鮎をアップで。

f:id:K-norita0426:20150721184224j:image
こちらがつけ汁。鮎の煮こごり入りでゼリー状態です。

f:id:K-norita0426:20150721184238j:image
口直しの赤カブ漬けと薬味のネギ。土瓶には鰹と鮎でとった熱い出汁が入っています。
この出汁で、つけ汁をサラサラにしたり、付け合わせのご飯を出汁茶漬けにしたり、と色々楽しめます。

f:id:K-norita0426:20150721184248j:image
そして、こちらが鮎フレークがかかった鮎ご飯。

f:id:K-norita0426:20150721184300j:image
とりあえず、鮎を頭からガブリ! そしてビールをグビッ! 
日本人に生まれてよかった瞬間。至福のひと時です。

f:id:K-norita0426:20150721184314j:image
麺はやや太めのちぢれ麺。普通盛りだと男の子には足りなさそう。男子は全員 特盛オーダー必須だぜ。

f:id:K-norita0426:20150721184328j:image
そして、フィニッシュは出汁茶漬け。 あーごちそうさまでした。

本当はもっとじっくり呑みに入りたい所ですが…待ち客も存在しているので早々に退散です。

あとは、こちらのもう一つのメニュー。冬春昼限定の「しょうがそば」の存在が気になります。

今年の後半、チャンスを狙って 必ず伺いたいと思います。 あと、夜もね。

しかーし、ここで終わらないのが、私。
なんと、もう一軒 行っちゃいましたー。

f:id:K-norita0426:20150721184355j:image
「麺や 一途」。今回が3回目。こちらはあと2回訪問してからのアップとなります。

お楽しみにー。

(2015年11月18日 追記)

そして 季節は 夏から 秋 そして 冬へと 移り変わろうかという頃……

f:id:K-norita0426:20151118175640j:image
ついに「冬春昼限定  しょうがそば 」解禁です。

今回もポールポジションでの入店。しかし 今回はビール無しで。

f:id:K-norita0426:20151118175442j:image
メニューはやはり「しょうがそば」一本勝負。チャーシューと合わせて¥1000も魅力的でしたが…我慢我慢…

f:id:K-norita0426:20151118175501j:image
そして着丼、「しょうがそば ¥800」。揚げた生姜と生生姜のダブル・フレーバーです。

f:id:K-norita0426:20151118175531j:image
白濁したスープはガッツリ「しょうが味」。直前ですりおろした「生しょうが」のパンチが効いた味わいで「しょうがフェチ」にはたまりませんね。

f:id:K-norita0426:20151118175544j:image
麺はかなりの細麺仕様です。

f:id:K-norita0426:20151118175516j:image
「お好みで!」と言われた、この「葉っぱちゃん」。なんか紫蘇の仲間みたいです。

f:id:K-norita0426:20151118175558j:image
そして「葉っぱちゃん」で巻き巻きして…

f:id:K-norita0426:20151118175612j:image
そしてなんと!無料の「おにぎり」参上!! 半分食べて、残り半分は…もちろん…「IN 」してリゾット風に変化させてのフィニッシュ。  ごちそうさまでした。

f:id:K-norita0426:20151118175414j:image
これからの季節にはピッタリなメニューでした。身体がポカポカです。(個人差あり 注意)


これにて「鮎ラーメン 二子玉川店」コンプリート…ですが、チャンスがあったら、夜の「鮎ラーメン」をまた食べたいなぁ。  

それではまた、次回。