読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下北ワインdining ARITA(むつ市)

f:id:K-norita0426:20140826175824j:plain

(今回はタッチを変えてお送りします。尚、写真以外はほぼフィクションです。また、実在の人物には関係ないということでよろしくお願いします。)

8月19日。午後5時。
小雨がぱらつく中、男は再び、まつり見物にくりだした。

f:id:K-norita0426:20140826181237j:plain

「彼女」との待ち合わせは午後7時半。

「彼女」といっても付き合ってるわけでもなく、また、付き合ったこともない。

ただの「高校時代の一つ下の後輩」なのである。

男は「彼女」といつも一緒にいたもう一人の女の子が好きだった…

そのことを、たまに「彼女」に相談していた… そんな関係…

しかし 、「彼女」のいつも綺麗な黒髪には少しドキドキしていた…

30年以上も前のだたの「昔話」…なのである。


ふと気付けば、

f:id:K-norita0426:20140826181351j:plain
この場所に似合わないようなお洒落なお店。今年オープンしたてのようだ。
以前ここは「弘前湯」という銭湯で、よく学生時代、腰に手を当てて「コーヒー牛乳」を飲んだものだった。

f:id:K-norita0426:20140826181609j:plain
そして店頭で「生ハム」や「ハンバーガー」それと様々なワインが並んでいた。

f:id:K-norita0426:20140826182016j:plain
男は「ランブルスコ」と「生ハム」を頼み、仮設のテーブルでまつり見物に行き交う人達を見つめる。

時間はまだ6時半を回ったあたり。まだ余裕だ。

その後、日も暮れだして、祭の情景も彩りに満ちてきた。

f:id:K-norita0426:20140826182411j:plain
f:id:K-norita0426:20140826182433j:plain

そして

f:id:K-norita0426:20140826182522j:plain
ビールを飲んでいた男に「彼女」から連絡が。

そして男は高校生に戻ったかのような「ときめき」を感じながら「彼女」を迎えに動き出した。


「彼女」はいた。見た目には以前と変わらない印象…


やっと待ち焦がれた「時間」…

男の選んだ店はここ。

f:id:K-norita0426:20140826183126j:plain
「下北ワインdining  肉の匠 ARITA」
以前、下北ワインの「サンマモルワイナリー」で紹介された店だ。

f:id:K-norita0426:20140826183341j:plain
席は個室。

f:id:K-norita0426:20140826183445j:plain
男は「生」、「彼女」は「カシ・オレ」だ。

f:id:K-norita0426:20140826183610j:plain
「シェフの気まぐれサラダ」と
f:id:K-norita0426:20140826183648j:plain
「本日のお魚のカルパッチョ」。魚はマグロ。

男と「彼女」は互いに近況を語った。

主な話題は「子供」。流石に高校時代のような話は出来ない…。

f:id:K-norita0426:20140826184226j:plain
男はワインにチェンジする。ややピンクがかった辛口の「ブラッシュ」。


f:id:K-norita0426:20140826184355j:plain
そしてメインは「彼女」に合わせ「ハンバーグ」。
「彼女」は和風おろし。男は「トマト・デミ・チーズ」だ。


しかし、楽しい時間は長くは続かない…

実はこの後、高校の部活仲間の集まりがある。いや、厳密に言えばもう既に集まっているのだ。

二人は部活仲間からの「追跡」を躱して、今 ここにいる(はずなのだ。)


追加した「赤ワイン」を素早く飲み干し、店を出る。


後は、何食わぬ顔で集合場所に向かう二人。


そして、部活仲間と合流。その語らいは深夜まで続いた。


最後、二人はお互いに別々の車に乗り込み、帰路についた。

そして 車を降り、男はつぶやく。「アムロ…送れません…でした。」

男の淡い「夏祭りの夜」は終わったのだった…(閉幕)



っと、こんな感じにまとめてみましたが、要はただ「二人でハンバーグ食べただけ」なのでした。
でも次回の約束も取り付けたんですよ。このへんだけが「ムフフ」な展開ですかね。


まだまだ、帰省「ブログ」は続きます。次回からは元の表現に戻る❓予定です。
(次回へつづく)