RIGOLETTO SHORT HILLS(中目黒)

(前回からの続き……)

 

f:id:K-norita0426:20160802175302j:image

 

7月11日。鎌倉から夜の部へ移動。

 

f:id:K-norita0426:20160802175317j:image

今回は、おなじみ「中目黒」です……が、

 

f:id:K-norita0426:20160802175336j:image

会場は初来店のこちら「リゴレット ショート ヒルズ」。ランチから深夜までカバーする「スパニッシュ・イタリアン」またの名を「モロッカン タパス&バー」。

 

さて、お手並み拝見……といきましょうかね。

 

f:id:K-norita0426:20160802175352j:image

予約時間よりやや早めに到着。一階席はこんな感じのロングテーブル。二階席は18時から開放…とのこと。皆さん、一階席で時間調整のあと二階席に移動……という感じでございました。

 

f:id:K-norita0426:20160802175409j:image

最初はもちろん「泡」。ワインの大半が「¥2500」なので「ボトル攻撃」が効果的と判断。泡・白・赤もかなり種類があって迷っちゃいますね。

 

キンキンに冷えたカヴァが……うーまーいー!!

 

さて、つまみは……、

 

f:id:K-norita0426:20160802175539j:image

季節のおすすめから「帆立と夏野菜のマリネ」と、

 

f:id:K-norita0426:20160802175611j:image

¥500均一のタパスメニューからタコと青じそのセヴィーチェ」をオーダー。

 

f:id:K-norita0426:20160802175628j:image

「泡」に弱いツレのため、赤ワインもスタンバイ。赤はスペインつながりのオーガニックを。

 

f:id:K-norita0426:20160802175641j:image

野菜も取らなきゃダチカンゾー(……知ってる人、いる?)ということで「パドロン(しし唐の素揚げ)」と……、

 

f:id:K-norita0426:20160802175653j:image

続けて「しらすとネギのアヒージョ」を連続オーダー。アヒージョに必須な「バケット」もつけてもらいました。

 

f:id:K-norita0426:20160802175706j:image

そして、パスタは迷った挙句、またも季節のおすすめから「稚鮎とトウモロコシのカサレッチェに決定。「カサレッチェ」とは「断面がS字型になったパスタ」のこと。稚鮎のほろ苦さとコーンの甘さが相まって、チョベリグー(←最近聞かないなぁ〜)ですゎ。

 

f:id:K-norita0426:20160802175730j:image

さて終盤戦へ。まずは「メルケーズ(羊肉の腸詰)」を追加し、

 

f:id:K-norita0426:20160802175742j:image

ガソリン……じゃなかった「赤ワイン」も補充。濃い目つながりで南フランスのシラーをチョイス。

 

f:id:K-norita0426:20160802182701j:image

ワインに合わせて「鶏レバーのモロッカンスパイスソテー」も追加しての……、

 

f:id:K-norita0426:20160802180002j:image

タジン鍋に乗ってメイン登場!! 年齢的に肉はもう入らないので「シャルモア(野菜たっぷりのタジン)」の一択でした。

 

f:id:K-norita0426:20160802175834j:image

タジンのアップ。色とりどりの野菜がふんだんに入ってますねぇ。

 

f:id:K-norita0426:20160802180043j:image

こちらの「アリッサ・ペースト」をお好みで加えながらいただきます。

 

この頃にはワインもイイ感じに回って「記憶があいまい」になってました。実を言うと会計から自宅までの記憶がほとんどありませんでした。でも本能で帰り着いたようです………。

 

今回はピッツアやデザートは未食だったので、いつか「リベンジ」……ですかね?

 

いろんなエッセンスをいいとこ取りしているお店ですね。大人数だともっと楽しめるかな?

 

f:id:K-norita0426:20160802180101j:image

あと、こんな「オサレ」なカクテルなんかもあるんですよ。老若男女問わず楽しめちゃうお店ですね。

 

 

さて次回ですが、またまた「中目黒」に出没です。

 

ブログ溜まってます……。でも「筆」……じゃなくて「指」が進まない〜。

 

 

では、また次回。お楽しみに〜。