読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松記鶏飯 (神田)

(またまたアップに時間がかかってしまいました、スミマセン。)

 

f:id:K-norita0426:20160710191737j:image

 

(前回からの続き)

「鎌倉・紫陽花」ツアーを終え、夜の部へと移動です。

 

f:id:K-norita0426:20160710191749j:image

久しぶりの東京駅八重洲口はリニューアルされて、綺麗になっておりました。

 

夜の部まで若干 時間があるので、久々に「アンテナショップ巡り」と洒落込みましょう。

 

f:id:K-norita0426:20160710191801j:image

f:id:K-norita0426:20160714182639j:image

という訳で、今年3月にオープンした「日本橋  長崎館」を訪ねてみました。「日本橋駅」「三越前駅」の方がより近いのですが、東京駅八重洲口からも徒歩5分とアクセスがいいんですね。

 

店内写真は撮ってませんが、品数も豊富でイートインスペースもあるんですよ。

 

f:id:K-norita0426:20160710191820j:image

こちらが今回の「収穫」。「福山雅治」氏もお買い上げの「五島うどん」と「あごつゆ」。それとカレー、あとは「長崎スパゲッチー」。ソースも買おうか迷いましたが、今回はスルー。皿うどんとちゃんぽんもスルーです、今度、またこようっと。

 

そしてまたも歩いて、今回の夜の部「神田方面」へ向かいます。

 

f:id:K-norita0426:20160710191832j:image

まだ予約時間まで30分ほどあるので、こちら「クラフトビアー・マーケット・神保町」で食前酒を。

 

f:id:K-norita0426:20160710191845j:image

数多くあるクラフトビアーから、私は神奈川県の「横浜ラガー」、ツレは岩手県銀河高原ビールの「そよ風のケルシュ」をセレクト。

 

f:id:K-norita0426:20160710191908j:image

今話題の「キヌア」が突き出しで登場。その他、豊富な料理メニューとビールで気持ちが揺らぎましたが、既に「夜の部」の予約を入れているので、残念ですが今回はパス。楽しみはまたの機会に取っておきましょう。

 

ということで、時間になりましたので退店して移動しまーす。

 

f:id:K-norita0426:20160710191921j:image

先程のお店から3分ほどで到着。今回の舞台は最近のいろいろな雑誌に掲載されてます「シンガポール料理」のお店「松記鶏飯(ソンキージーファン)」です。

 

f:id:K-norita0426:20160710191934j:image

開店時間に予約したのでもちろんポールポジションで入店。

 

f:id:K-norita0426:20160710191949j:image

店内は、中国風とアジアンが融合したような装飾です。

 

そもそも「シンガポール料理」は「福建」「湖州」などの中華と「南インド」「マレーシア」の食文化が融合した料理……だそうですよ。

 

f:id:K-norita0426:20160710192003j:image

「泡モノ」はさっきいただいたので、「白ワイン」をグラスで。銘柄は……失念。多分スペインのシャルドネ……だったかと……。

 

f:id:K-norita0426:20160710192016j:image

そして料理。まずは「パクチーサラダ」。甘辛ドレッシングがいいですね。箸休めに……と思ったのですが、美味しくて「瞬殺」しちゃいました。

 

f:id:K-norita0426:20160710192029j:image

そしてこちらが「キャロットケーキ」……? 自家製の「大根餅」の卵炒め……なのですが、何故「キャロットケーキ」という名前なのか……、謎です。

 

f:id:K-norita0426:20160710192040j:image

そして赤ワインをボトルでオーダー。スペイン産のオーガニックな赤でした。こちらのお店は「ヴァン・ナチュラル」……いわゆる「自然派ワイン」を揃えているようです。

 

f:id:K-norita0426:20160710192051j:image

そしてお店のイチオシ、「ペーパーチキン」の登場です。

 

f:id:K-norita0426:20160710192105j:image

オイスターソースや紹興酒、あとは漢方チックなスパイスの香りが染み込んだ「鶏もも肉」はジューシー。ワインが進みますねぇ。

 

f:id:K-norita0426:20160710192115j:image

そして海鮮も。「海老のシンガポールスタイル・チリソース炒め」です。これも美味し。

 

f:id:K-norita0426:20160710192125j:image

残ったソースは(別オーダーですが)「蒸しパン(マントウ)」につけて食べるのがシンガポール流……だそうです。是非、お試しを。

 

そして、そろそろ「〆」のお時間。

 

f:id:K-norita0426:20160710192134j:image

麺は、最近の「市民権」を獲得しつつある……と思うシンガポールヌードル「ラクサ」。干しエビとスパイスのココナッツスープの麺料理です。実は私、コイツが大好きで、よく「カルディ」で見つけては作って食べてます。

 

でも、やっぱりお店の味は違いますね〜。いやぁ 美味しいデスゥ。

 

f:id:K-norita0426:20160710192142j:image

そして、やっぱりコイツも食べないと。シンガポールといえばこちら「シンガポールチキンライス」……本名「海南鶏飯」。タイだと「カオマンガイ」って言うらしい。「タレの味」に違いがあるらしいですけどね。

 

f:id:K-norita0426:20160710192151j:image

そしてサービスで、鶏を炊いた「スープ」も付くんですよ。

 

デザートもあるようですが、お腹いっぱいなので今回もスルー。ごちそうさまでした。

 

 

さて、次回ですが……、

 

昼の部は、またも「鎌倉」それも先日「アド街」で特集された「由比ヶ浜方面」を攻めて、夜の部は、こちらもおなじみ「中目黒」……ですが、今回は新規店を開拓いたします。

 

 

では、また次回。お楽しみに〜。