一角 HIBIYA CENTRAL MARKET(日比谷)

f:id:K-norita0426:20181103095702j:image

10月29日。季節は「ハロウィン」ですね…あんまり関係ないけど。

今回も 「ランチ & 映画 〜 ディナー」 という流れ。最近はこのパターンが楽でいいですゎ。

f:id:K-norita0426:20181118100102j:image

11時ちょっと過ぎ 東京ミッドタウン日比谷 へ到着。

まずはお昼ごはん。

f:id:K-norita0426:20181103100002j:image

3Fの 「HIBIYA CENTRAL MARKET」 内の…、

f:id:K-norita0426:20181103095743j:image

f:id:K-norita0426:20181103100137j:image

こちら 「一角」 でいただきましょう。

f:id:K-norita0426:20181103095802j:image

まずは生麦汁を中ジョッキで。

f:id:K-norita0426:20181103095822j:image

ワタクシはゴージャスに 「大満足一角ランチ ¥1600」 をチョイス。

f:id:K-norita0426:20181103095851j:image

大振りの「唐揚」と鯵フライとサラダが彩りよく盛り付けられていますね。

f:id:K-norita0426:20181103095940j:image

なんと「唐揚げ」は3個も。

そして

f:id:K-norita0426:20181103095913j:image

f:id:K-norita0426:20181103100021j:image

小鉢料理と

f:id:K-norita0426:20181103100046j:image

「ご飯」の他に、ほぼフツーサイズの「お蕎麦」が付きます。

f:id:K-norita0426:20181103100112j:image

ツレは 「焼き魚定食 ¥1200」 。今回は「秋刀魚」。こちらも美味しそう。

f:id:K-norita0426:20181103100155j:image

次回は是非「ちょい呑み」してみたいなぁ〜。ごちそうさまでした。

f:id:K-norita0426:20181103100219j:image

その後は「TOHOシネマズ」で

f:id:K-norita0426:20181103100236j:image

こちらの映画を鑑賞。夜は「モロッコ料理」にすればよかった?

映画の後は「お茶」したり「日比谷公園」を散歩したり。

f:id:K-norita0426:20181103100257j:image

「ハロウィン」の装飾が綺麗でしたよ。

 

そして夜は「中目フレンチ」。そう!いつものお店です。

(次回に続く)

 

地酒屋 漁介 〜 青森の肉と野菜 やだらめぇ(高田馬場)

(前回からの続き)

f:id:K-norita0426:20181019092959j:image

10月15日。夜の部は今年のもう一つの目標 「都内の青森県郷土料理店の調査」 を実行。

こちらも今回の調査で一区切りのなると思います。

f:id:K-norita0426:20181019093013j:image

新宿での映画観賞後、夜の舞台「高田馬場駅」へ移動。

若干時間があったので付近をブラブラ…でもなんか小雨が……。

f:id:K-norita0426:20181019093027j:image

17時過ぎたので、まずは一軒め 「地酒屋 漁介」 へ。

f:id:K-norita0426:20181019093045j:image

スタートは 「生麦汁」 。写真撮ってるうちに泡が無くなったゎ。

f:id:K-norita0426:20181019093101j:image

こちらが 「お通し」 。右端の「澄まし汁」が超旨し。

f:id:K-norita0426:20181019093119j:image

店員さんのおススメもあり刺身は 「漁介の鮮魚5点盛り」 。どれも新鮮、厚切りで食べ応えありです。

f:id:K-norita0426:20181019093131j:image

そしてもう一品は 「タコのモツ煮込み」 を注文。タコの内臓は田舎では「ドーグ(道具?胴具?)」と言ってツウはコッチの方が好きだったりします。

f:id:K-norita0426:20181019093147j:image

こんな感じでゴロゴロと。良い出汁が出でますゎ。

f:id:K-norita0426:20181019093159j:image

せっかくなので青森地酒を味わうことに。 「お任せ青森地酒3種」 をお願いしました。

f:id:K-norita0426:20181019093209j:image

こちらは有名銘柄 「田酒」 の白麹を使用した珍しい一本。

f:id:K-norita0426:20181019093224j:image

そして 「亀吉」 はキリッとした辛口。

f:id:K-norita0426:20181019093237j:image

そして 「豊盃」純米大吟醸で飲みごたえあり。

ここでとりあえずお会計。金額は¥4125でした。

そして次のステージへ。時間は18時ちょっと前とまだまだ大丈夫。

f:id:K-norita0426:20181019093306j:image

二軒目は系列店の 「青森の肉と野菜 やだらめぇ」 へ。店名は方言で「とても美味しい」の意味。

店内はおしゃれな「バル風」。カウンターもあり、女性のおひとりさまも大丈夫そう。

f:id:K-norita0426:20181019093319j:image

こちらではワインを。この 「下北ワインRYO」ピノ・ノワール100%使用の限定品。なかなか味わえませんよ〜。

f:id:K-norita0426:20181019093332j:image

「お通し」 は青森地場野菜を優しい味付けで。

f:id:K-norita0426:20181019093345j:image

そしておススメから 「温泉もやしのしゃも出汁和え」 と、

f:id:K-norita0426:20181026100812j:image

「八戸産いかゴロ煮込み」 をチョイス。

f:id:K-norita0426:20181019093359j:image

そして〆に名物 「ねぶた豚角煮」 を。柔らかく煮込まれた豚肉が赤ワインに合う〜。

そしてお会計。金額は¥4448。

トータルで一万円と予算通りの結果でした。

f:id:K-norita0426:20181019093430j:image

春に帰省した事もあり、「食べるなら現地」だと確信しそうでしたが、こちらの二店、特に二軒目のお店は「誰かと行きたい」と素直に思いました。

是非 また訪問したいと思いますゎ。

2018年「都内青森郷土料理店」調査は結果「6軒」。ほとんどが「割高感」を感じたような…。まぁ「立地」もあるし「食材」も安く手に入るはずもないので仕方がないということか…。

予定外のこともあり、「町中華」と「青森郷土料理店」の調査も最低限の結果になってしまいました。

来月「11月」より仕切り直し。

2019年の課題・目標は、

次回「発表」…できればいいかな〜。

それでは、お楽しみに〜。

中華 丸長(世田谷代田)

f:id:K-norita0426:20181019092006j:image

10月15日。

2018年も残すところ3カ月を切っちゃいました。

今年の課題である 町中華探検」 の最終章でございます。

f:id:K-norita0426:20181019092028j:image

10:40「下北沢駅」に到着。

目的のお店は徒歩10分ほど。「世田谷代田駅」の方が近いようです。

f:id:K-norita0426:20181019092114j:image

途中 スタバのリザーブ店や、

f:id:K-norita0426:20181019092132j:image

なんか「下北沢」らしいお店とかチラホラ。

f:id:K-norita0426:20181019092848j:image

そして目的地 「中華 丸長」 に到着。もちろん先客無しの「ポールポジション」です。

f:id:K-norita0426:20181019092436j:image

f:id:K-norita0426:20181019092455j:image

f:id:K-norita0426:20181019092418j:image

店内四カ所のメニュー。選択肢も適度に豊富だし、「和定食」や「洋風メニュー」もあり、「コンビ」メニューはオリジナルっぽいので合計3p。

でも店内はなんとなく 「ネガティブ」な印象が漂っている感じ。 ちょっとヤバいか?

f:id:K-norita0426:20181019092512j:image

とりあえず 「瓶麦汁」 でスタート。銘柄は「キリン」なので1p加算。

f:id:K-norita0426:20181019092530j:image

突き出しは 「大根の漬物」。

f:id:K-norita0426:20181019092552j:image

そして、雑誌等で絶賛の 「レバニラ炒め」 を単品注文…と、 これが秀逸で旨し!

f:id:K-norita0426:20181019092609j:image

カリッと揚げてある厚切りの「レバ」はジューシーで食べ応えあり。野菜の炒め具合も絶妙ですゎ。

f:id:K-norita0426:20181019092624j:image

そしてもちろん 「餃子」 もありなので1p。味も及第点です。

最初の「ネガティブ」感が吹き飛んだので…、

f:id:K-norita0426:20181019092641j:image

〆に 「中華そば」 を追加。濃く見える見た目と違い「あっさり」した味わい。丁寧に作っているのが感じられますゎ。

 

さて、注目の総得点は

なんと 5.0p の満点獲得。

 

ここで今までを振り返ると、

1位 (5.0p):中華 丸長(世田谷代田)

2位 (4.5p):福島屋(八丁堀)

3位 (4.0p):宝来(中目黒)

4位 (3.5p):三幸園(神保町)

4位 (3.5p):龍朋(神楽坂)

という結果となりました。

 

でもって今後リピートするならば…、

 同率4位の「三幸園」と「龍朋」 (ってなんでやねん!)

「龍朋」はメニュー数がちょうどよく「制覇」しやすそう。でも「餃子」が無いので、そういう時や「呑みたい」時は「ハーフ対応」もある「三幸園」で…という結論です。

f:id:K-norita0426:20181019092705j:image

(P.S.)工事中の下北沢駅。工事終了後はもうちょっと便利になりんでしょうかね。

f:id:K-norita0426:20181019092721j:image

そして「新宿駅」へ移動して、

f:id:K-norita0426:20181019092742j:image

こちらで映画観賞。

f:id:K-norita0426:20181019092757j:image

f:id:K-norita0426:20181019092824j:image

ディスプレイしていた「ヤマト」と「アンドロメダ」。世代なので興奮しますゎ。

f:id:K-norita0426:20181019092905j:image

でも映画はしっとりとこちらを鑑賞。

f:id:K-norita0426:20181019092924j:image

宿泊できる「TSUTAYA」内のスタバでお茶もしましたよ。

f:id:K-norita0426:20181019092938j:image

そして夜はこちら 高田馬場 …、

ですが、この続きは次回。

それではお楽しみに〜。

 

でりかおんどる2号店(新大久保)〜 ジンジャーグラス モダンタイベトナメーゼ(新宿)

f:id:K-norita0426:20180928095040j:image

秋の天気は「変わりやすい」と言いますが、予定が立てづらい季節ですね。

9月25日。この日も「雨予報」だったため、 「ランチ〜映画〜ディナー」 という無難なスケジュールに。

f:id:K-norita0426:20180928095103j:image

ランチは 「新大久保」

11時到着で、全国「振られた」お店 「でりかおんどる」 へ足早に向かいますが…、

「やっぱり満席 (T . T)」

しかし近くにある…、

f:id:K-norita0426:20180928095119j:image

こちら 「でりかおんどる新大久保2号店」 はギリギリ「空席あり」でしたゎ。

f:id:K-norita0426:20180928095310j:image

注文後、サラッと出てくる「オカズ」達。

f:id:K-norita0426:20180928095325j:image

やっぱ休日は「生麦汁」でしょう。

そして40種類以上あるランチメニューの中から、本日選んだものは…、

f:id:K-norita0426:20180928095337j:image

「ソロランタン」

見た目はただの「白濁スープ」ですが、牛肉と牛骨をじっくり煮込んだスープ…だそうです。

f:id:K-norita0426:20180928095354j:image

f:id:K-norita0426:20180928095406j:image

中には煮込まれた「牛肉」と「春雨」が。

f:id:K-norita0426:20180928095428j:image

あっさりしたお味なので、物足りない方は「特製塩」で調整する模様。

初めて食べましたが、美味しいけどやはり「辛いもの」好きには物足りない感じでした。

本店に二回「振られた」ので、今度からは最初から「2号店」にしようと思います(味って一緒かなぁ?)

 

その後は強くなった雨の中、

f:id:K-norita0426:20180928095448j:image

徒歩で 「TOHOシネマズ新宿」 へ。

f:id:K-norita0426:20180928095502j:image

映画はこちらを鑑賞しました。

ここの映画館、待ち合いのスペースが狭く難儀しました。次回までにどこかいい場所を探しておこうかな。

 

映画終了後、時間は16時ちょっと前。

少し早いですが、ディナーの場所へ移動しましょう。

f:id:K-norita0426:20180928095519j:image

新宿駅南口」まで徒歩で移動。

f:id:K-norita0426:20180928095532j:image

夜の舞台は小田急サザンタワーに今年オープンした「HUGE」系 「ジンジャーグラス モダンタイベトナメーゼ」

f:id:K-norita0426:20180928095545j:image

地下に続くアプローチを降りていくと、

f:id:K-norita0426:20180928095558j:image

「ゴージャス」なリゾート空間月広がっております。

f:id:K-norita0426:20180928095611j:image

まずはタイのビール シンハー で乾杯!

f:id:K-norita0426:20180928095625j:image

おつまみから 「ミエンカム」 海老と青パパイヤを葉っぱにくるんでパクっと一口で。

f:id:K-norita0426:20180928095639j:image

そして 「サーモンとディル・レモンのセヴィーチェ風」

f:id:K-norita0426:20180928095657j:image

定番 「ゴイクン(生春巻)」 は二種のソースで。

f:id:K-norita0426:20180928095710j:image

もう一品 蒸し鶏と水茄子のベトナム棒々鶏サラダ」 を小サイズで。

f:id:K-norita0426:20180928095723j:image

ワインは一律¥2500ラインナップからオレゴンリースリングをチョイス。

f:id:K-norita0426:20180928095737j:image

卓上にある3種類の調味料はお好みで。唐辛子を細かく刻んだソースは激辛なので注意ですゎ。

f:id:K-norita0426:20180928095751j:image

中盤戦は ガイヤーン(骨付きモモ肉のタイ・ローストチキン」 を。

f:id:K-norita0426:20180928095805j:image

ワインもアルゼンチン産「マルベック」使用の赤へ。

f:id:K-norita0426:20180928095819j:image

つなぎに 「シュリンプトースト」 を追加して。

f:id:K-norita0426:20180928095832j:image

 「チャーカーと香味野菜のベトナム風炒飯」 でフィニッシュ‼︎ ごちそうさまでした。

f:id:K-norita0426:20180928095845j:image

ロケーションは最高。料理&飲物もリーズナブル。そしてサービスも良し。

 

いいお店を発見しました。今後「アジアン」系はこちらをリピしようと思います。

 

さて、次回は10月。あと残すところあと三ヶ月ですね。

 

2018年の課題だった 町中華「青森郷土料理店」 のまとめに入りたいと思っております。

 

それではまた次回。お楽しみに〜。

根室花まるKITTE丸の内 〜 果実園(東京)

f:id:K-norita0426:20180920100859j:image

9月18日。娘どもの23歳の誕生日…から若干「過ぎ」てしまいましたが、今回は「行列のできる寿司」をプレゼントしようかなぁ…

f:id:K-norita0426:20180920100915j:image

というわけで東京駅に到着。時間は10:50。

f:id:K-norita0426:20180920100928j:image

ここから徒歩5分ほどの「KITTE」内にある…、

f:id:K-norita0426:20180920100948j:image

こちら回転寿司 根室花まる」 で北海道の海の幸を堪能……って超並んどる〜!

行列のできる寿司…って、ホントに行列できてましたゎ。

残念ながら1回目の入店は叶わず、待ち4番目となりました。

でも「寿司」って回転が早いので大丈夫。まぁ30分ちょっとでご案内。

f:id:K-norita0426:20180920101002j:image

まずは「生麦汁」で乾杯。娘は「小」ワタクシは「中」グラス。

f:id:K-norita0426:20180920101016j:image

つまみに 「ざんぎ」 は必須でしょ。仲良くシェアします。

 

さて「お寿司」ですが、ネットで「注文順」を調査しイメトレも万全。

f:id:K-norita0426:20180920101028j:image

初手は白身。オススメから 「あぶらがれい」 を選択。これが結構「脂がのって」ます。もう少しあっさりいきたかったか…。

f:id:K-norita0426:20180920101039j:image

そして次は ヤリイカ 。これも美味しいが、もう少し「肉厚」が良かったか…。

f:id:K-norita0426:20180920101050j:image

そして 「本鮪赤身」 。さっぱりして旨し。「初手」はこれでもよかった?

f:id:K-norita0426:20180920101116j:image

貝類からは 「生ほたて」 …だが、入荷がなく「冷凍品」でした。残念。

f:id:K-norita0426:20180920101127j:image

「ヒカリもの」は 「自家製しめさば」 を。鯖好きですが、娘注文の「鯵」の方が美味しそうでした…。

f:id:K-norita0426:20180920101154j:image

そして海老…ではなく 「たらばふんどし」 という「蟹の腰肉」を。ムッチリしていてこれは正解。でも「ボタン海老」も美味しそうでした…。

f:id:K-norita0426:20180920101207j:image

ここで「漬け」にいきたかったが、「鮪」「鰹」もなく、 「鮭のちゃんちゃん焼き」 を注文。なんとこれが正解。旨し。

f:id:K-norita0426:20180920101218j:image

そろそろ終盤。魚卵から 「自家製紅鮭すじこ醤油漬け」 。こちらも看板メニューなので間違いなく旨し。

f:id:K-norita0426:20180920101231j:image

仕上げに 「一本あなご」 。これはツマミで食べた方がいいかも。

f:id:K-norita0426:20180920101242j:image

〆は巻物…をやめて 「つん辛大粒納豆軍艦」 で。ホントにツンと辛いワサビが鼻にきますよ。

f:id:K-norita0426:20180920101254j:image

そして汁は 「花咲蟹鉄砲汁」 。結構なボリュームなので二人で一個でもいいかも。

あーお腹いっぱい!「あなご」と「汁」は余計だったかも。

今回はあえて「セオリー」にこだわってみましたが、

f:id:K-norita0426:20180920101646j:image

次回からは「旬のもの」縛り…とか面白そう。

f:id:K-norita0426:20180920101658j:image

さすが「行列店」ですね。これは「リピ」確実ですゎ。

 

そのあとは、

f:id:K-norita0426:20180920101333j:image

こちらのフルーツパーラーでお茶したのですが、娘どもは「満腹」…ということで「飲み物」だけ。

f:id:K-norita0426:20180920101350j:image

わたくしはしっかり 「桃のズコット」 をいただきました。

「娘の誕生日」の食事会のつもりが、結局「自分が一番食べちゃってる」という結果に。

まぁ楽しければいいですかね(汗)

 

次回は…多分「新大久保ランチ」&「新宿エスニック」になる予定。

どうぞお楽しみに〜。

 

 

 

龍朋(神楽坂)〜 立飲 ビストロシン サンテ(目黒)

f:id:K-norita0426:20180829090943j:image

2018年 「猛暑」 だった夏。

8月27日。夏の思い出づくりの為 上京。

f:id:K-norita0426:20180829090958j:image

スタートは「飯田橋」から。

10時半に到着、徒歩で 「神楽坂」 へ。

f:id:K-norita0426:20180829091038j:image

なんかお祭りムードの坂道を歩いて行くと…、

f:id:K-norita0426:20180829091137j:image

本日のランチ会場 「龍朋」 へ到着。

オープン前の微妙な時間でしたが、 神対応」で店内へ。

f:id:K-norita0426:20180829091157j:image

誰もいないうちに店内メニューを撮影。

f:id:K-norita0426:20180829091219j:image

こちらは 「炒飯」 で知られているようでおよそ8割がオーダーするらしいです。

でも、その他のメニューもなんか魅力的な感じです。

そして「炒飯」と並ぶ人気メニューといえば…、

f:id:K-norita0426:20180829091238j:image

季節限定のこちら 「冷中華 ¥850」 です。

f:id:K-norita0426:20180829091255j:image

極太の錦糸卵が黄金に輝いて、

f:id:K-norita0426:20180829091313j:image

その下には焼豚と胡瓜が「焚き木」のように並んでおります。美しい。

f:id:K-norita0426:20180829091330j:image

さらに満を持して 「ビール中瓶 ¥530」 を注文。

でもって「餃子」あたり…、

って 「餃子」が ナッシング!!(◎_◎;)

何かポリシーがあるのかなぁ。

f:id:K-norita0426:20180829091347j:image

まぁそれを差し引いても充分満足なクオリティですよ。ごちそうさまでした。

 

おっと「町中華」評価の点数でしたね。

①餃子がある (0.0p)

②中華以外のメニューがある(0.5p)

③瓶ビールがキリンかサッポロ(1.0p)

④選択肢(攻め方)が7以上15未満(1.0p)

⑤オリジナルメニューがある(1.0p)

総合得点「3.5P」(暫定 同率3位)

現在でのランキング

福島屋:4.5P

宝   来:4.0P

三幸園:3.5P

龍    朋:3.5P

そして次回で「町中華調査」はとりあえず終了となる予定。最後のお店はどこになるのでしょうか?

 

その後は「映画観賞」しましょ。

f:id:K-norita0426:20180829091119j:image

メトロ「神楽坂駅」から移動です。お店にはこちらの方が近いですね。

f:id:K-norita0426:20180829091103j:image

こちらの「la kagu」の目の前なんですよ。

f:id:K-norita0426:20180829091430j:image

そして、11時半に 東京ミッドタウン日比谷 に到着。

時間は丁度「ランチタイム」。

f:id:K-norita0426:20180829091452j:image

こちらのカフェはほどほど…、

f:id:K-norita0426:20180829091708j:image

こちらは相変わらず「長蛇の列」

f:id:K-norita0426:20180829091410j:image

フードコートもまぁまぁの混雑。

f:id:K-norita0426:20180829091612j:image

こちらのピザ店も人気。

f:id:K-norita0426:20180829091729j:image

こちらのフレンチは予約で満席。

その他のお店も魅力的。来年は腰を据えて「調査」しますゎ。

色々見て回りましたが、まだ映画までは時間がありますので、

f:id:K-norita0426:20180829091745j:image

こちらのお店のカウンターで、

f:id:K-norita0426:20180829091801j:image

「生レモンサワー」梅水晶 で一献。あ〜幸せってこういう事ですね。

f:id:K-norita0426:20180829091828j:image

時間になりましたので「TOHOシネマズ」へ。

f:id:K-norita0426:20180829091849j:image

今回はこちらを観賞。今年「NO.1」の映画と言っても良いでしょう。「山P」に惚れ直しましたよ。

f:id:K-norita0426:20180829091909j:image

窓からの「日比谷公園」。実はまだ足を踏み入れた事が無いのです。次回、天気が良かったら行こうかな。

 

その後は「夜の部」

f:id:K-norita0426:20180829091927j:image

会場は全く土地勘の無い 「目黒」 。なので、早めの16時前に到着。

あたりを散策しようと思っていると天候が悪くなりそう。「強風」と若干の「雨」。シャーないので「スタバ」で時間調整。

f:id:K-norita0426:20180829091942j:image

待ちきれず10分前に移動。

目当てのお店はこちらの建物の階、

f:id:K-norita0426:20180829091957j:image

こちら 「立飲 ビストロシン サンテ」 。ビストロシン系列の三番店で「サンテ」…なんでしょうか?

さっきの「スタバ」の隣でした。

こちらでも昼に引き続きフライングでの「入店」。

準備が出来るまで「店内」を撮影していたら、「店内撮影NG」との事。皆さんはご注意を。

という訳で「夜の部」スタート!

f:id:K-norita0426:20180829092030j:image

まずは 「泡」 。突き出しは生食できる 「もろこし」

f:id:K-norita0426:20180829092044j:image

銘柄は スプマンテ ヴェルディッキオ トレ カステッリ」

料理は「夏」と「秋」が「コラボ中」…という感じ。

でも今回のテーマは 「夏の思い出」。

なので、つまみも夏系で攻めます。

f:id:K-norita0426:20180829092101j:image

まずは 「水茄子と冷やしトマト」 と、

f:id:K-norita0426:20180829092118j:image

「桃とマスカルポーネ 。桃大好き。

f:id:K-norita0426:20180829092131j:image

そして2杯目は 「ロゼ カヴァ マルケス チベ」 と2杯目の泡はロゼに。

f:id:K-norita0426:20180829092142j:image

温製で 穴子のつまみソテー 山椒の香り」 を。

f:id:K-norita0426:20180829092155j:image

そして 「アルバリーニョ リアスバイシャス」 スペインの白です。

最後に「ウニのカッペリーニ」…は、 残念ながら「品切れ」。

f:id:K-norita0426:20180829092209j:image

「ウニ」つながりで 「ウニのせ 牛ハラミタリアータ」 をラストに。

f:id:K-norita0426:20180829092223j:image

「リグレザ ビアンコ トレビアーノ ロマーニョロ」 イタリア産のオレンジ系自然派白でフィニッシュ!

f:id:K-norita0426:20180829092239j:image

天候は心配だったので、これにて終了。ごちそうさまでした。

つまみはお手頃でグラスワインも種類が豊富。でも飲み過ぎると意外と金額がいくかも。

次回からは「ボトル」中心に「つまみ」…という感じかな。予約しなきゃね。

 

次回はたぶん9月。娘の誕生日イベントの模様をお送りする予定です。

それでは、また次回。お楽しみに〜。

鯉とうなぎのまるます家(赤羽)

f:id:K-norita0426:20180811101005j:image

いや〜今年の夏は正に 「猛暑」

という訳で「暑気払い」で「昼呑み」を計画しました。

どうせなら 「昼呑みの聖地」 で飲もう!

f:id:K-norita0426:20180811101018j:image

8月7日。10時「赤羽駅」に到着。今日は3人行動です。

「赤羽」は初訪問。何故かドキドキしてます (^_^;)

f:id:K-norita0426:20180811101043j:image

小雨降る中、目的地を目指します。

f:id:K-norita0426:20180811101059j:image

目的地はこちら「昼呑みの聖地 赤羽」のシンボル 「鯉とうなぎのまるます家」 にいざ突入!

f:id:K-norita0426:20180811101113j:image

まずは瓶ビールスタート。やはりサッポロ「赤星」でしょう。

f:id:K-norita0426:20180824100910j:image

f:id:K-norita0426:20180824100925j:image

そして、この豊富なメニューから選んだのは、

f:id:K-norita0426:20180811101132j:image

名物 「鯉のあらい」

f:id:K-norita0426:20180811101146j:image

「馬刺し」

f:id:K-norita0426:20180811101202j:image

「たこのお刺み」

f:id:K-norita0426:20180811101216j:image

それに 「鯉のうま煮」 も忘れちゃいけません。

おっと、ここで次のアルコールを…と思ったらなんと 「酒量制限」 があるようで。

すったもんだの末に「ハイリキ」のリッター瓶を3人でシェアすることに(写真は省略。結局2本飲みました)

f:id:K-norita0426:20180811101231j:image

つまみ第二弾は 「玉ねぎフライ」 を2人前

f:id:K-norita0426:20180811101252j:image

珍しい なまずから揚」

f:id:K-norita0426:20180811101308j:image

「地とりから揚」 の揚げ物攻撃からの…

f:id:K-norita0426:20180811101325j:image

「どじょうとぢ」 でフィニッシュ!

この後 「うなぎ」 も攻めたかったのですが、続きがあるので今回は断念。

あと、言い忘れましたが、こちらのお店 「二時間」 の時間制限だったんですゎ。

まぁ「飲んべえは後を濁さず」と言うことで退散いたします。ごちそうさまでした。

いや〜初回ではさすがに「赤羽の真髄」は極められませんゎ。今度は「一人呑み」しに来ようかな。

その後は「新宿で映画」の予定だったのですが、

乗る電車を間違えて東京方面へ出てしまったので、

f:id:K-norita0426:20180824092226j:image

御徒町駅」で下車してこちらで二次会。

(その模様は以前の投稿に追記するのでそちらを参照して下さい)

其の後は「新宿」へ移動して居酒屋で三次会。

そして最後はお得意の「岐阜屋」で〆…でした。

えっ、写真ですか? 

「みんな酔っ払って、写真どころじゃなかった〜(^◇^;)」

いい歳して何やってるんでしょうね(汗)

それではまた次回、お楽しみに〜。