読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井上チンパンジー 〜 のどぐろ屋牡蠣衛門 (中目黒)

あっという間に1月も最終日。今年もアップがグズグズになりそうな予感……;^_^A

 

f:id:K-norita0426:20170113084827j:image

 

1月10日。若干の体調不良気味でしたが、昨年からの持ち越し案件「中目黒高架下」へ突撃致しました。

 

f:id:K-norita0426:20170113084852j:image

ちょうど正午に「中目黒駅」に到着。

 

f:id:K-norita0426:20170113085135j:image

当日は晴天。早咲きの「梅」もお出迎えです。

 

f:id:K-norita0426:20170113084935j:image

今回は昼夜のダブルヘッダー。まずは一番人気のカレー店「井上チンパンジー」へ。

 

予想通り、店内は「満席」。外には10名ほどの待ち客有り。

 

f:id:K-norita0426:20170113084957j:image

メニューはこんな感じ。さて、どれにしようかね❓

 

回転は意外にスムーズで、15分後に入店できました。

 

店内の券売機で食券を購入。選んだのは……、

 

f:id:K-norita0426:20170113085034j:image

「生姜焼きカレー 目玉焼きのせ ¥850」でした。ルゥは「辛口」に変更。

 

大き目の器でコスパは合格点か。ルゥの量も充分なので「ご飯増し」でもいけそう。あと、「辛口」は結構「辛し」なので、デフォルトの「中辛」のままがベターかもしれません。

 

実はこちら、あの「エ○ザ○ル」で有名な「LHD」関係らしく、(ファンだと思われる)「制服JK」や「カラフル女子」が高確率で食べてましたゎ。

 

f:id:K-norita0426:20170113085046j:image

やっぱり「中目」と言えば「エ○ザ○ル」なんですね〜。

 

その後は、夜までの時間調整をするのですが……、

 

 f:id:K-norita0426:20170113085150j:image

こちらの「目黒天空庭園」でまったりしたいと思います。最寄駅は「中目黒」というよりも「池尻大橋」でしょうかね。

 

f:id:K-norita0426:20170113085117j:image

ここのエレベーターから屋上へ登ります。

 

f:id:K-norita0426:20170113085210j:image

屋上はこんな感じ。天気が良ければロケーションは最高ですね。

 

尚、「目黒図書館」も併設しているので、悪天候の時はこちらでしのげそうです。でも、利用者が多い時は、「座る椅子」を探すのが大変かも。

 

そして、 16時半を回ったので、再び「高架下」へ移動です。

 

f:id:K-norita0426:20170113085225j:image

夜の部はこちら「NODOGUROYA KAKIEMON のどぐろ屋牡蠣衛門」にしましょう。

 

f:id:K-norita0426:20170113085301j:image

原則 「予約無し」らしいので「早い順」ですね。もちろん、ポールポジションでしたゎ。

 

f:id:K-norita0426:20170113085326j:image

こちらがメニュー。さて、どう攻める⁈

 

f:id:K-norita0426:20170113085314j:image

スタートはやっぱり「生麦汁 プレモル 香るエール ¥500」。

 

f:id:K-norita0426:20170113085339j:image

お通しは「牡蠣の昆布焼き」です。

 

f:id:K-norita0426:20170113085351j:image

焼き加減はこのくらいでもダメ。「しっかりと焼いて下さい」とのこと。

 

f:id:K-norita0426:20170113085404j:image

箸休めに「かき味噌 きゅうり ¥380」を。

 

f:id:K-norita0426:20170113085414j:image

まずは生で「全国 お得な牡蠣くらべ(3種)¥1280」。銘柄は右から「三重 的矢」「長崎 小長井」「厚岸 まるえもん」。

 

f:id:K-norita0426:20170113085453j:image

ビールのあとは「日本酒」にしちゃいましょう。ズラ〜と並んだ「日本酒サーバー」での「セルフプロデュース」ということですね。

 

f:id:K-norita0426:20170113085509j:image

ノズルにグラスを構えて「ポチッとな」とすると「シャー!」と出ますゎ。料金は一律「¥480」也。

 

f:id:K-norita0426:20170113085427j:image

f:id:K-norita0426:20170113085439j:image

一杯目は広島の「富久長 シェルラバーズ」。女性杜氏による「牡蠣を中心にした魚介類に合うお酒」を目指して造られたそうです。爽やかな「酸味」が特徴的。

 

f:id:K-norita0426:20170113085529j:image

そして牡蠣第二弾は「牡蠣フライ」を。ソース無しで「レモンと塩」だけで充分美味い。いや、逆にソースはかけない方がベターですね。

 

f:id:K-norita0426:20170113085541j:image

f:id:K-norita0426:20170113085556j:image

二杯目は千葉の「醍醐のしずく」を。こちらは「日本酒造りの原点」と言われる「菩提もと仕込み」という造り方を再現。味わいは「濃いめの白ワイン」や「リキュール」のような濃厚さで、ゆっくりチビチビと味わう感じ。

 

そして、そろそろ「牡蠣」から高級魚「のどぐろ」へと移行。

 

f:id:K-norita0426:20170113085611j:image

やっぱり「煮付け ¥980」。若干「小ぶり⁈」な感じですが、良い塩梅の味付けですね。ご飯が欲しくなるぅ!

 

f:id:K-norita0426:20170113085629j:image

f:id:K-norita0426:20170113085646j:image

そして三杯目。石川の「天狗舞 石蔵仕込 山廃純米」でシメますゎ。

 

そして料理も……、

 

f:id:K-norita0426:20170113085706j:image

「炙りのどぐろ棒鮨」でシメますよ。豪快にバーナーで「ファイヤー!」。

 

f:id:K-norita0426:20170113085723j:image

肉厚で噛み応えは「ジューシー」。シメにピッタリですゎ。

 

f:id:K-norita0426:20170113085735j:image

徳利に入った「潮汁」をセットにしてお値段は「¥780」とこれはお得。棒鮨に使った「のどぐろのアラ」を余すことなく「汁に封じ込めて」おります。

 

という訳で、これにてフィニッシュ。ごちそうさまでした。ちなみに支払い金額は「¥6190」也。

 

反省点は、目の前の「ガス台」を活用出来てないこと。生牡蠣を減らして「ガンガン焼き ¥1380」、箸休め代わりに「牡蠣フライ」を活用すればいいかも。

 

でも、意外と「牡蠣ばっかり」は食べれない……かも。

 

f:id:K-norita0426:20170113090111j:image

夜の部は何件か「ハシゴ」しようかとも思ったのですが、やはり「一点集中」で行くことに致します。

 

出来るだけ「高架下」を攻めたいと思っていますが、年間5回が限界かなぁ〜?

 

 

さて、次回は「春の息吹」を感じる旅……と思っておりますが、まぁ「天気次第」ですわね。

 

 

それでは、また次回。お楽しみに〜。