読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒(神田)

f:id:K-norita0426:20151103174157j:image

11月2日。楽しみにしていた映画を観に日本橋界隈に。TOHOシネマズ日本橋で前売券のチケット交換を終えた後、お昼を食べに神田へ。当初はコレド室町から徒歩の予定でしたが、あいにくの雨+強風で断念。おとなしくメトロで移動しました。

神田駅から徒歩2・3分くらいでしょうか。ありましたよ…

f:id:K-norita0426:20151103174226j:image
こちら、「カラシビ味噌らー麺 鬼金棒」。開店時間11時を若干過ぎましたが、席はほぼ満席、ですが、かろうじて座ることができました。ラッキー! いつものように食券を購入して入店です。

f:id:K-norita0426:20151103174256j:image
f:id:K-norita0426:20151103174335j:image
店内の装飾が異様な雰囲気を醸し出してます。

基本的には「カラシビ味噌らー麺」1種のみ。それにトッピングと、

f:id:K-norita0426:20151103174348j:image
唐辛子のカラさと四川山椒のシビれをそれぞれ5段階調整でオーダー。
カラさとシビれを「増し・増し」とか「増し・抜き」のようにお願いします。但し、「鬼増し」はプラス¥100の食券を購入にて。

f:id:K-norita0426:20151103174408j:image
今回はネット情報をもとに「もやしカラシビ味噌らー麺 ¥900」を「増し・増し」にて。
トロトロのチャーシューにスパイスが仰山のってます。こりゃ「びっくりポン」やわぁ!

f:id:K-norita0426:20151103174426j:image
スープは魚介と豚骨らしいのですが…辛くて痺れてなんだがわかりません。それにかなり濃いめです。

f:id:K-norita0426:20151103174441j:image
麺は中太縮れ麺。もっちりした食感ですね。旨し…でも辛し。

f:id:K-norita0426:20151103174455j:image
辛さ対策に「半飯¥100」も注文してしのぎますが…

f:id:K-norita0426:20151103174513j:image
味が濃すぎてギブアップ! スープまで完食ならず。

f:id:K-norita0426:20151103174538j:image
ツレは「カラシビ味噌らー麺¥800+パクチー¥150」を「普通・普通」にて。
このスパイスにパクチーは相性バッチリ。ツレ曰く、「増し・普通」にすれば良かったとのこと。

さーて、食べ終わりました。ごちそうさまでした…っと、丼を片付けようと思ったら…

f:id:K-norita0426:20151103174609j:image
「そのままで…」とのこと。了解です。

次に来店の時は、あえて「抜き・抜き」で頼んでみようかな。卓上に七味もあるし…。

あとオーダーは7名くらいまでまとめて作るようで、入店順ではなく、辛さの低い順で提供されるようなのでご注意を。

それと隣にはつけ麺専門「カラシビ味噌つけ麺 鬼金棒」があります。今年の9月に両店舗を入れ替えたとのこと。なんか、つけ麺店の方を広くしたみたいです。つけ麺の方が人気なんですかねぇ。

その後 無事に映画を観終わり、時間は15時。おやつタイムです。

向かうは隣の建物、「船橋屋 COREDO室町店」へ。

イートイン席がちょうど2名空いてました。またまたラッキー!

メニューは甘味とお茶のセットが4種類に裏メニューで「お茶のみ ¥500」があります。

f:id:K-norita0426:20151103174635j:image
注文はもちろんこちらのお店限定の「お抹茶くず餅(お茶付き)」を。本店でも食べれないメニューとのこと。

f:id:K-norita0426:20151103174650j:image
抹茶くず餅のアップ。綺麗な緑色がiPhoneで撮るともっと緑になります。

f:id:K-norita0426:20151103174704j:image
そしてキュートな鉄瓶に入ったお茶。注ぐ時に蓋がズレるので注意。あと蓋が熱くなるのでこれも注意。

f:id:K-norita0426:20151103174720j:image
f:id:K-norita0426:20151103174733j:image
ジュエリーなどなどもディスプレイしております。あとお土産用の甘味も充実ですよ。

その後はテキトーに時間調整しながら…

f:id:K-norita0426:20151103174747j:image
夜の部「中目黒」へ。いつもの大好きなフレンチでディナーです。

夜の部の模様は後日にて。乞うご期待、カミングスーン!です。

それではまた、次回。