読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中華そば 金色不如帰 覇(幡ヶ谷)

f:id:K-norita0426:20150718174159j:image

久々のブログ更新です。
 
奇跡的に金曜日にお休みをもらった私は、常々 呪っていた…いや、願っていた「金曜日限定」のラーメンを食する事に致しました。パチパチ…

はじめに、幡ヶ谷の名店「金色不如帰 」の3rdブランド「覇」へ。そして秋葉原の名店「饗 くろ㐂」の二毛作、鴨そばの「紫 くろ㐂」の二店舗制覇を狙います。

ということで、小田急線にて代々木上原を目指すも、途中で人身事故による運転見合わせが発生!

とりあえず、迂回してなんとかたどり着いたものの…予定時間を40分以上オーバー…

案の定、お店に到着したのですが…

f:id:K-norita0426:20150718194153j:image
オープン5分前で、やっぱり並んでまーす。こりゃ3巡目くらいかも…

f:id:K-norita0426:20150718195939j:image
なんやかんやでやっとお店の暖簾が見える位置に。遂に到着、金色不如帰の3rdブランド「中華そば 金色不如帰 覇」です。とりあえず、今回で3つのブランド制覇になります。

f:id:K-norita0426:20150718174236j:image
こちらは「織田信長」をイメージしたラーメン、ということで暖簾には有名なフレーズが…

1stブランドは「蛤出汁の醤油と塩」、2ndブランド「裏」は「煮干出汁」、そしてこちらは「牛スープの欧風味噌そば」と「鶏出汁の昔ながらのラーメンを進化させた中華そば」の二枚看板のブランドなのです。

てなわけで、「うんちく」を語っていたら、やっと順番が来ました!

時間は12時20分。約一時間の待ち時間でしたね。

f:id:K-norita0426:20150718174334j:image
そして10分後、まず最初にこちら、「牛肉丼 ¥400」。連食なのにちょっと無理してオーダー。
いわゆる「牛スジ丼」でしょうかね。柔らかく煮込まれたお肉がジューシー。

f:id:K-norita0426:20150718174348j:image
そしてメインラーメンの着丼です。「味噌中華 ¥850」。あえてノーマルで。

f:id:K-norita0426:20150718174400j:image
スープはさらっとした中に綺麗な牛脂の旨みが溶け込んでいる味わい。うー旨し。

f:id:K-norita0426:20150718174414j:image
麺は若干 平打なのでしょうか、普段の麺より太いようです。

「北海道的な味噌味」が好きな私ですが、これはこれで美味しいですね。以前食した北千住の「マタドール」も「牛」でしたが、味噌と牛の相性もなかなか良好のようですね。ごちそうさまでした。

そして、もう一つの看板メニュー「鶏出汁 中華そば」も今年中に食せるように、お祈りを続けたいと思います。

そして夏ということで、

f:id:K-norita0426:20150718203644j:image
f:id:K-norita0426:20150718203659j:image
こちらの限定メニューも登場。平日の限定「蛤の塩つけそば」は食べれるか?、でも予定が…。

しかーし、土日限定の「鮎」は絶対無理…ちきしょう! 鮎食いてーよー !

気をとりなおして、次に移動です。相次ぐアクシデントで時間13時を回りそうです…

f:id:K-norita0426:20150718174427j:image
そして到着の「くろ㐂」…ですが、様子がおかしいぞ…

なんと、7月から9月中旬まで「紫 くろ㐂(そして、味噌と夜限定のタンメンも)」はお休み。

この期間は「くろ㐂 夏麺2015」と題しまして、週替わりで限定麺の販売をするそうです。
10週間あるので、最低でも10種類以上を提供するとのこと…。これはこれで凄い企画ですね。

全種類制覇する人ってどんだけなんでしょう?「ジロリアン」ならぬ「クロリアン」、いや「クロキスト」と呼んだ方がいいでしょうかね。

でも、やっぱり納得がいかないので 鴨つながりでこちら…

f:id:K-norita0426:20150718174438j:image
「蔦の葉」へ三たび移動。こちらも月曜定休なので、なかなか訪問できないお店の一つ。
今回で3回目ですが、メニューが豊富なため、あと3回は伺う予定でおります。

てなわけで、金曜限定ラーメン・ツアーは、電車の遅延や営業形態の変更など、残念ながら満足のいく内容ではありませんでしたが、まだまだ2015年は続きますので、奇跡が起こることを切に願うものであります。

まぁ 仕事が変われば…関係なくなるかも…ですが。

ではまた、次回。