読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムッシュ ヨースケ(池尻大橋)

f:id:K-norita0426:20150701173758j:image

 ♫ さあっ かーけーだーそうよー   おそれずにー  みーらーいーがー いまはーとーくてもー ♫

ー 緊急速報 ー 

  アナウンサー:「NHK連続テレビ小説の時間ですが、予定を変更して、「6月29日」に一時閉店を迎えるお店「ムッシュ ヨースケ」からの中継が入っております!  現場の井之頭さん⁉️」

f:id:K-norita0426:20150701173810p:image
井之頭五郎:「はい、こちら現場の井之頭五郎です。私はただいま「中目黒駅」に立っております。」
食べログでは、最寄駅が「池尻大橋」となっているのですが…中目黒駅からでも徒歩12分くらいで現地へ到着できます。」

f:id:K-norita0426:20150701173831j:image
五:「さて、現場に到着です。時間は11時を若干回ったくらいでしょうか…」

「ちょっと待ってください❗️…」

f:id:K-norita0426:20150701173848p:image
五:「なんと、ランチはテイクアウトのみとなっている模様です… とても残念です…」

「気を取り直して、テイクアウトの方に回ってみましょう❗️」

f:id:K-norita0426:20150701173907j:image
五:「こちらがメニューです。 最後のカレー…何にするか迷っちゃいますが…」

f:id:K-norita0426:20150701173926j:image
五:「年齢を考えて「ベジタブルカレー ¥850」にしてみましょう。」

〜 精算を終えた五郎は、目黒川沿いのベンチに腰掛け、カレーの包みを開くのであった… 〜

f:id:K-norita0426:20150701173940p:image

五:「すいませーん。あまりの美味しさにレポート忘れて食べ切っちゃいましたー。次の現場ではシッカリ レポートしたいと思いまーす。」

ア:「ありがとうございましたー。」

「ちょっと味のコメントがなかったですが、美味しそうでしたね。」

「こちら、ムッシュ ヨースケは7月からリニューアル、8月には「ワインバー」として再始動、日曜・祝日はランチ営業も行うそうです。今から楽しみですねー。」

「さて、そろそろ 井之頭さんが次の現場へ到着した模様です…井之頭さーん⁉️」

五:「こちら現場の井之頭です。ただいま到着したのですが…」

f:id:K-norita0426:20150701174008p:image
五:「ちょっと物足りないので…もう一軒、ランチ行ってイイですか⁉️」

ア:「えー‼️ 井之頭さん、大丈夫ですか⁉️ ちゃんとレポートできます⁉️」

五:「そこのところは任せてください❗️ 伊達に「シーズン4」までやってませんから。」

〜 ということで、井之頭五郎はまたもマイペースに店を探すのだった… 〜

五:「この辺りを曲がると…ほら、あった❗️」

f:id:K-norita0426:20150701174027j:image
五:「自由が丘の紳士のメッカ、「ほさかや」で「うな丼」にしよう❗️」

f:id:K-norita0426:20150701174040j:image
五:「ラッキー。店内は空きがあった。待たずに食べられるぞ。」

f:id:K-norita0426:20150701174053j:image
五:「すいません、ビールお願いします。」

ア:「ちょっと五郎さん❗️下戸じゃなかったですかー⁉️」

五:「心配ご無用でーす。いつもはロケが二本どりなので…下戸設定なんです。」

〜 五郎は…「うなぎ食べるのに素面でいられるかっつーの❗️」…と心で思っていた… 〜

f:id:K-norita0426:20150701174107j:image
五:「うな丼、登場でーす。美味そうでーす。」

f:id:K-norita0426:20150701174120j:image
五:「すいません❗️吸物を「肝吸」に変えて下さ〜い。」

「ディレクター❗️ 経費で大丈夫だよね⁉️」 (っと、確認する井之頭…)

f:id:K-norita0426:20150701174134p:image
(五郎 …妄想中…)

f:id:K-norita0426:20150701174153p:image
(五郎 …妄想中…)

五:「ごちそうさまでした❗️ さて、これから本来の目的地へ向かいまーす。」

〜  そして歩くこと10分ほどで現地に到着する井之頭五郎

f:id:K-norita0426:20150701174210j:image
五:「さて、到着しました。連続テレビ小説「まれ」の主人公が務める「マシュリ・シュ・シュ」…のモデルと思われるパティスリー「モンサンクレール」です。」

「こちらはドラマ内の製菓指導を担当されている「辻口博啓」氏のお店なんですよー」

f:id:K-norita0426:20150701174221j:image
f:id:K-norita0426:20150701174232j:image
五:「店内には「まれ」のポスターが貼られてますよー。さぁ、中へ入ってみましょう。」

〜 店内は撮影禁止の為、五郎のトークでイメージして下さい 〜

五:「色とりどりのケーキがならんでますねー。どれも美味しそー。」

「あれ⁉️ 「シャポー・アンコトン」や「ジュテーム・モワ・ノン・プリュ」らしきケーキはありませんねー。まぁ とりあえず 「まれ」に登場してそうなケーキを選びまーす。」

〜 若干、「アムロ、行きまーす❗️」的なテンションの井之頭… 。 なんとか3種類を選ぶ 〜

f:id:K-norita0426:20150701174708p:image
(五郎…妄想中…)

f:id:K-norita0426:20150701174721j:image
五:「手前から「セラヴィ」、「ミュール」、「ガレット・ミルティーユ」の3点を選んでみましたー。こんなに食べれるかなぁ…」

ア:「井之頭さん❗️ 全部ひとりで食べなくてもイイんですよー。」

f:id:K-norita0426:20150701174731p:image
五:「レポートは以上でーす。 この後、申し訳ありませんが直帰したいと思いまーす。」

♫ ごろぅ、ごろぅ、い・の・がしぃらっ、ふぅっ!♫ (リピート…)

ア:「ちょっと井之頭さん! 局が違いますよー。」

「以上、緊急速報でした。引き継ぎ 連続テレビ小説をお楽しみ下さい。」


「圭太…」 「まれ…」 (続く)

次回もお楽しみに。 ではっ❗️