読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自家製麺 MENSHO TOKYO(後楽園)

f:id:K-norita0426:20150217171909j:plain
今回も 「ラーメン制覇の旅 」張り切って行ってみよー!

でも 実は…毎回 連食って この歳になると結構 キツイですね  (>_<)

f:id:K-norita0426:20150217171922j:plain
2月16日。温かな日差しに梅が見頃な今日この頃。メトロ「後楽園駅」に降り立ちます。

時間は11時を少し回ったばかり。ジャスト開店のタイミング。

お店は駅から徒歩2・3分のこちら。

f:id:K-norita0426:20150217171935j:plain
「自家製麺 MENSHO TOKYO」です。こちらはスープにラム(仔羊)を使用しているとのこと。未年にはピッタリのお店ですね。

入店すると先客は2名。券売機で食券を購入してカウンターへ。

f:id:K-norita0426:20150217171950j:plain
カウンターに鎮座するオリジナルな調味料達。

f:id:K-norita0426:20150217172003j:plain
こちらは「ラー油」と「カルダモン生姜の甘酢」。

f:id:K-norita0426:20150217172016j:plain
そしてお水ではなく「お茶」です。

f:id:K-norita0426:20150217172029j:plain
10分かからずに着丼。TRY新人賞とんこつ部門4位「ラム煮干中華そば(味玉のせ)」¥850

本当は「肉増し」にする予定だったのですが、押し間違えました…(^^;;

f:id:K-norita0426:20150217172040j:plain
なので「ラム低温調理チャーシュー」¥200を追加で。
ノーマルだと細かいラム肉しかのってないので、肉を味わうなら追加必須ですね。

f:id:K-norita0426:20150217172052j:plain
自家製の麺は情報では中太麺でしたが、細麺に近い感じでした。
それに柚子の皮がコッテリ味に爽やかさを与えてくれます。

ラムの香りと豚骨の旨味、そして煮干が絶妙のバランス。美味い…が…ちょっとぬるいか?

香りを重視するとスープを極限まで温められないのでしょうかね。それだけが残念。

あと、プレミアム豆乳を豆乳…もとい投入しているので独特のクセがまろやかになっています。


そして、前回の1月26日にはこちら、

f:id:K-norita0426:20150217172128j:plain
塩味の「ラム豚骨つけ麺」¥780を食しました。

f:id:K-norita0426:20150217172156j:plain
麺には大きめの焼豚と角切りのラム肉。

f:id:K-norita0426:20150217172110j:plain
そしてスパイスの香る塩だれ。味はカレーに近いです。まさに華麗なるつけ麺ですね。

f:id:K-norita0426:20150217172239j:plain
「胡椒めし」¥100もいっしょに。

f:id:K-norita0426:20150217172217j:plain
タピオカを練り込んだ麺はもちもちでコシが強く、食べ応えあり。

そして、麺の量を調整できます。基本 大盛りでベストな量だと感じました。


あと…後日 気づいたのですがTRY新人賞つけ麺部門2位を獲得したのは「醤油味」の方らしいんです。

間違って「塩」にしちゃった!やっちまったなー (古ぅ…)

f:id:K-norita0426:20150217172301j:plain
そして、バレンタイン限定の「チョコつけ麺」もありました。カカオを練り込んだ麺らしいです。

味はどうなんでしょうか? 何人か食べてる人いましたけど。


その後、水道橋駅から総武線で浅草橋駅へ移動。

f:id:K-norita0426:20150217172403j:plain
こちらでもう一食 いただきました。こちらは次回に報告致します。

最後に今回の一句…

「ラム肉を・堪能するなら・肉増しで」  

お後がよろしいようで…