読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秦野流拉麺&Bar じぱんぐ ZIPANG(秦野)

f:id:K-norita0426:20141116173856j:plain

完全にラーメンブログ化してますね……最近。

ということで今回は小田急線の秦野界隈の2つのお店を攻めてみました。

ことの発端は、割安切符の販売機で「新宿まで」の切符を購入するつもりがボタンを押し間違えて「秦野まで」の切符を購入してしまったこと。
まぁ いつかは使う日もあるだろう…と放っておいたのですが、使用期限が近づいて……。

11月14日。仕事終わりに使おうと思い、改札に投入したらエラー!?

よくよく見ると「土祝日限定」の文字。マジか……

でも、気持ちは行く気満々なのでとりあえず「PASMO」で「渋沢駅」へ。

駅から歩いて5分ほど…見えてきましたよー。

f:id:K-norita0426:20141116174855j:plain
「うまいぜ ベイビー」の文字。

f:id:K-norita0426:20141116174931j:plain
ちょっと前に一世風靡した名店「なんつッ亭」に到着。

f:id:K-norita0426:20141116175059j:plain
カウンターに陣取り、まずはビール「ドライ中瓶」¥500で喉を。

f:id:K-norita0426:20141116175154j:plain
麺はネーミングに惹かれて「猛烈タンメン鼻血ブー」¥850
サラサラのみそ味で辛さが四段階から選べます。ちょっと勝負して三辛に。

f:id:K-norita0426:20141116175411j:plain
麺は中細ですかね。三辛でもちょっと辛いです。二辛がベストか?

f:id:K-norita0426:20141116175534j:plain
あと「夫婦円満餃子(3個)」と
f:id:K-norita0426:20141116175701j:plain
「半豚まんま」の「餃子Bセット」¥350を追加。
合計¥1700。ごちそうさんでした。

そして待つこと3日、15日の土曜日。仕事がちょっと遅くなりましたが、再度チャレンジです。

なんやかんやで「秦野駅」到着。目指すは…

f:id:K-norita0426:20141116180138j:plain
「秦野流拉麺&Bar じぱんぐ」。こちらも駅から5分ほどの位置。
カフェバー風の内観。ほとんどが飲んでますね。

f:id:K-norita0426:20141116180352j:plain
それじゃあ、ということで私も「生ビール」いただきます。¥390の値段が嬉しい。

f:id:K-norita0426:20141116180508j:plain
この日はちょっと寒かったので温かいつまみでー「水餃子」¥420を注文。
f:id:K-norita0426:20141116180612j:plain
餃子というより「ニラまんじゅう」と呼んでいるようです。あっさりスープで旨し、です。

f:id:K-norita0426:20141116180709j:plain
そして麺はこちらのおすすめ「海老吟醸」¥750。
濃厚な海老の出汁に桜エビとキクラゲ…

f:id:K-norita0426:20141116180820j:plain
そして「鶏チャーシュー」。
f:id:K-norita0426:20141116180857j:plain
麺はこちらも中細。新感覚の味わいでこちらも旨し。

結局、生ビールをお代わり。合計で¥1950。ごちそうさんでした。

その後、帰りの小田急線が人身事故でストップ。運転再開でなんとか小田原駅にたどり着きましたがその先の箱根登山鉄道は終了…徒歩で自宅まで帰ることになるという「落ち」がつきました。

11月も半ば、今年中に行きたい「ラーメン屋」はあと3軒ほど。

マンネリ気味ですが、お付き合いくださいませ。

それでは。