読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らぁ麺 やまぐち(早稲田)

f:id:K-norita0426:20141105172325j:plain

「また ラーメンかよ⤵︎」って声も聞こえてきそうですが…

11月3日 文化の日での祝日。月曜休みだけど祝日やってるお店に行けるかも…
っと考えても浮かぶのは「ラーメン屋」ばっかりの今日この頃です。

と言うことで、5月に訪問した「Japanese Soba Noodles 蔦」に再訪すべく 小田原を朝8時半に出発!

車中で「今回は醤油にしようか?」それとも「塩?」面倒くさいから「両方か!」なんで思いを巡らせながら 「巣鴨」に10時半に到着!

お店に行けば「ラッキー!誰も待ってない!」……いや、まてよ、シャッター閉まってるー

完全なる定休日……祝日でも月曜は休むのね……そんな予感も実はしてたかも……

途方にくれること約3分。とりあえず 最近オープンした二号店「蔦の葉」に行ってみようー。

しかし…こちらも見事に休み……残念…無念…

そこでも途方にくれること約3分……そういえば「TRYラーメン大賞の新人賞とった店 月定休じゃん」っと思い出し 付近の「庚申塚駅」から

f:id:K-norita0426:20141105173803j:plain
都電荒川線に乗り最寄駅「面影橋」まで移動です。
ほんとバスみたいな小さい車両が超満員!都会の迷宮に迷い込んでしまいました。

20分ほどで「面影橋」到着。歩くこと5分。

f:id:K-norita0426:20141105174052j:plain
ありましたよ「らぁ麺 やまぐち」。オープン10分前に到着ですでに15人くらい待ってます。さすが人気店。

こちらは2013年のTRYラーメン大賞 新人部門で「大賞」「醤油」「つけ麺」の三冠を獲得したお店なんですね。

案の定 二巡目で約30分ほどまって入店。コの字カウンターで12席くらい。

f:id:K-norita0426:20141105174249j:plain
注文はシンプルに「鷄そば」¥780。
湯河原の飯田商店に似たフォルムですね。

f:id:K-norita0426:20141105174558j:plain
麺は細めん。稲庭うどんのような食感ですかね。

f:id:K-norita0426:20141105174643j:plain
焼豚に鷄ムネ肉とこれも飯田商店みたい。

味も飯田商店に似てるからか、驚きは感じなかったですね。
でも、丁寧に作っていて好印象、美味しかった。ごちそうさんでした。


しかし、まだまだ今日の気分は晴れません。あと一件行こう!

思いついたのは「だけど食堂」でやっていた2店。台湾まぜそばの「麺屋はなび」と鮪出汁の「ラーメン巌哲」…

とりあえず近い「巌哲」に決定して歩くこと15分…

f:id:K-norita0426:20141105180225j:plain
ついに到着…ですが1番のピーク時間か? 待ち客が20人以上います。

しかし待ち続けるほかありません…でも 待ってるときに美味しそうな香りが店から漂ってきます。

そして45分ほどして店内へ。食券を購入してカウンターへ。

f:id:K-norita0426:20141105181313j:plain
メニューは「だけど食堂」で紹介されてた「鮪塩(しびしお)」¥850。

f:id:K-norita0426:20141105181449j:plain
分厚い焼豚以外にソテーした鮪がのってます(当たり前や)。大葉がいいアクセントになってる。

f:id:K-norita0426:20141105181733j:plain
麺はこちらも細麺。他の方は替え玉(できないメニューもある)してましたね。
俺は2軒目なのでしませんが…

f:id:K-norita0426:20141105181914j:plain
しっかりご飯物をオーダー。「生玉子ごはん」¥350。名古屋コーチン使用です。

俺の舌では「鮪出汁」の味はよくつかめませんでしたが、あっさりとした上品な仕上がりでした。
美味しゅうございました。ごちそうさんでした。

その後、さすがに「台湾まぜそば」…は無理でした⤵︎(まぁ祝日月曜は休みのようですが…)


後日、食べ○グを見たら

一位 らぁ麺 やまぐち
二位  麺屋 はなび
三位  ラーメン巌哲
  
という結果でした。「早稲田ラーメン戦争」激しい戦いが繰り広げられているようです。

では また。