読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小田原バル(小田原)

f:id:K-norita0426:20140928200048j:plain

(前回からの続き)

9月22日。鎌倉から17時ごろ小田原へ帰還。若干の胃もたれ状態。

仕事終わりの長女と夕食。待ち合わせの店はこちら。

f:id:K-norita0426:20140928200554j:plain

小田原バル。オープン当初は板前バルだったような?
私が箱根生活を始めた30年前はこの場所は「不二家」のケーキ売り場&レストランでした。
それから「不二家」の不祥事で閉店となり、その後、「イタリアントマト」やコーヒーショップなどに変わって一年前くらいから、この店になったと記憶してます。

こちらは以前、ランチで一回利用したことがあり、

f:id:K-norita0426:20140928201013j:plain
その時は「小田原名物 海鮮丼」¥950(土日祝は¥1280)をいただきました。

夜は初体験。さぁどうでしょうか?

17時半過ぎに入店。テーブル席が予約で満席だったので仕方なくカウンターにて。

でも、意外とカウンターのスペースが広いので思ったより不自由しません。

娘の到着は18時半過ぎ。とりあえず スタートです。

f:id:K-norita0426:20140928201342j:plain
初めは「瓶モルツ」。中瓶です。鎌倉でのパンケーキのダメージが残っているため?今日はお酒はセーブです。

f:id:K-norita0426:20140928201545j:plain
今日のおすすめメニューです。見てたらなんか調子戻ってきた。単純だなー。

f:id:K-norita0426:20140928201817j:plain
こちらは突き出しの「クルミ豆腐」です。

f:id:K-norita0426:20140928201853j:plain
まずは「新サンマネギたたき」¥550で時間を潰します。

f:id:K-norita0426:20140928201943j:plain
そして「緑茶ハイ」。私的にはソフトドリンクです。これで最後まで行きます。

f:id:K-norita0426:20140930183325j:plain
こちら「テール出汁の丸ごとトマトおでん」¥480
トマト嫌いな長女が来る前にいただいちゃいます。

そろそろ、長女 到着の兆しあり。

f:id:K-norita0426:20140930183509j:plain
「刺身箱盛 一段」¥1800
ドライアイスでの演出あり。なかなかお洒落。

f:id:K-norita0426:20140930183609j:plain
「特製タレの手羽先唐揚」一本¥180✖️2で。

f:id:K-norita0426:20140930183711j:plain
あと、時間調整用に「しらすおろし」¥350も。

やっとの事で、長女 到着。

f:id:K-norita0426:20140930183814j:plain
そして、これまた名物「蒸しアワビ 雲丹と肝のソース」一個¥500✖️2を追加。
さすがに¥500なので超ミニサイズでした。ドライアイスの演出あり。

f:id:K-norita0426:20140930184018j:plain
隣を見て、美味そうだったので「桜エビかき揚」¥650をこれまた追加。

f:id:K-norita0426:20140930184153j:plain
あと、刺身盛りのつまをサラダに仕立てていただきました。
心憎い演出ですね。

この後、次女とも合流の為、ここではこれまで。次回は締めまで行きたですね。
ごちそうさまでした。

f:id:K-norita0426:20140930184426j:plain
場所を変え「マンチーズ」で次女と合流。

f:id:K-norita0426:20140930184510j:plain
娘たちは〆パスタ。こちらは「おこりんぼうアラビアータ」¥800

f:id:K-norita0426:20140930184603j:plain
そして「ゴルゴンゾーラペンネ」¥1300を注文。

最後に、

f:id:K-norita0426:20140930184703j:plain
「デザート 盛り合わせ」¥1300を注文。
f:id:K-norita0426:20140930184757j:plain
f:id:K-norita0426:20140930184816j:plain
ガトーショコラと
f:id:K-norita0426:20140930184833j:plain
キャンベルぶどうのシャーベットです。

以前 一人新年会をこの店でやってた時、カウンターで作ってる姿を見て、次回は是非!と思っていたのですが、なかなか男一人では注文しづらいので…このようなタイミングになりました。


二週続けて親子で小田原ナイト 楽しんじゃいました。
でも、今年はこれが最後になるかも…です。