読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

味の札幌 大西(青森市)

f:id:K-norita0426:20140828175839j:plain

8月21日。俺の夏休みもついに最終日。
下北半島を10時40分に出発。途中 野辺地で「乗り換えて」、青森駅到着。

まず最初のミッションは、青森ご当地ラーメン「味噌カレー牛乳ラーメン」の実態を探ること。

そして お店はこちら

f:id:K-norita0426:20140828175821j:plain
「味の札幌  大西」です。

味の札幌❓ とお思いでしょうが、れっきとした青森県です。(どんな説明じゃ❗️)

札幌出身の創業者が、「札幌ラーメンの味」を青森にも…という思いで始められたそうです。

f:id:K-norita0426:20140828175803j:plain
店の前にはのぼりがはためいています。

実はこの「味噌カレー牛乳」を知ったのは2・3年前。それもテレビを観て です。
 
それ以来、この三位一体の味に興味深々。とりあえず、ネット検索して調べた六本木のとあるラーメン店で食してみたのですが…

f:id:K-norita0426:20140828182833j:plain
それがこちら。味噌ラーメンカレー風味って感じの味。

なんか 「三位一体」で各々の特徴が見事に消されているような印象の味でした。

しかし、諦め切れない俺は「絶対 現地に行って確かめるぞ」と心に誓っていました。

やっと、この夢が目の前に広がります。(大袈裟なー)

入店後、入り口すぐのテーブルへ。目の前には「ラーメン女子(ラー女❓麺女❓)」がやっぱり「味噌カレー牛乳」をズズッとやっています。

迷わず、「味噌カレー牛乳ラーメン」を注文。

f:id:K-norita0426:20140828180655j:plain
テーブル上には口直しの「小梅」。取った分は必ず食べるようにとのこと。

オーダー後にメニュー表をよくよくみると

味噌ラーメン
牛乳ラーメン
味噌牛乳ラーメン と 並んでいて

そして最終形態「味噌カレー牛乳ラーメン」になる。  という感じなのでしょうか❓

今で言うと
トッキュウオーと
ディーゼルオーが合体して
超トッキュウオーになり
更に、
ビルドダイオーが合体して
超超トッキュウダイオーになる みたいなことでしょうか。(特撮ママしかわからんよー)

前置きが長くなりました、

f:id:K-norita0426:20140828181353j:plain
登場「トッキュウ  」もとい「味噌カレー牛乳ラーメン」❗️

六本木より淡いカレー色。オンザバターがいいですね。

f:id:K-norita0426:20140828181529j:plain
最初「カレー粉練りこんでる❓」と思ったくらい黄色の太麺。卵でしょうか❓

味は…美味ーい…と感動までは行きませんでしたねー。
面白さはありますけど、全体的にマイルドなので「癖になる」感が薄いというか…

でも、六本木の時よりもはるかに旨し、です。ごちそうさんでした。


今回で「味噌カレー牛乳ラーメン」の探求は一旦終了。まだまだ青森県にはご当地ラーメンがひしめいていますので。

関東でもブレイク中の「津軽焼干しラーメン」
青森名産の「青森にんにくラーメン」
十三湖のシジミを使った「青森しじみラーメン」が有名ですが、

あとは八戸周辺の八戸ラーメンや
俺の故郷 下北半島の帆立ラーメンやイカスミラーメン、
ふのりラーメンなんかも少数派ですがあるのです。

次回はしじみラーメンが食べたいですかねー。


その後、青森から弘前まで移動。
そこで、謎の弘前美人と合流。日本海に面する「鰺ケ沢温泉」へ向かいます。

はたして、この後 何が起こるのでしょう❓ 後編に続きます。

(あ❗️ アムロ 登場させるの忘れた…)