読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中華蕎麦 とみ田(松戸)

f:id:K-norita0426:20140612181543j:plain

6月9日 16歳離れた兄との久々の再会の為、上京することに。
ついでなので、食べたかったラーメン屋に行くことにしました。

そして遥々、松戸まで電車を乗り継ぎ、目指すはこちら

f:id:K-norita0426:20140613173331j:plain
「中華蕎麦 とみ田」。オープン15分前ですでに20人以上待ってます。

この店は、業界人が一番注目する「TRY認定 ラーメン大賞」で2013年大賞部門 一位を獲得。
(「TRY」とは「東京ラーメン オブ ザ イヤー」の略だそうです。)

f:id:K-norita0426:20140613174703j:plain

基本的にメニューは「つけそば」と「中華そば」の二種類。お土産用もあります。

よく見ると、「中華そば」は「MIX(豚骨醤油)名店部門」07〜13年の七年連続一位、「つけそば」は「つけ麺(太麺)名店部門」09〜13年の五年連続一位と13、14年の「大つけ麺博」二年連続一位と書かれてます。
日本で一番美味しいラーメン屋の一つということらしいです。これだけ並ぶのも納得です。

自分の番は三巡目くらいでしょうか?開店して20分位で食券を先に購入となります。これも並んでいる順番に券売機で購入、その場で係の人が回収して、また店外に並ぶことになります。

この日は当初、曇りでしたが、小雨がちらつき、もうすぐ入店か?位には結構な雨が降ってきました。

そして時間も12時を回った位で入店。カウンターの一番入り口側に案内されました。

オーダーは全部 店主の厳しいチェックを経て提供されます。真剣そのものです。

f:id:K-norita0426:20140613180210j:plain
まずはつけ汁です。

f:id:K-norita0426:20140613180240j:plain
次に麺が登場。

f:id:K-norita0426:20140613180322j:plain
二つそろって バロム…ではなく「つけそば」完成です。今回は(見えないけれど)「つけ味玉」にしました。

f:id:K-norita0426:20140613180425j:plain
つけ汁の中の「味玉」を発掘。(あまり綺麗な絵図でなくすみません)
超魚介濃厚スープ。見た目は「カレー」のようです。

f:id:K-norita0426:20140613180711j:plain
そして麺のアップ。かなり太いです。320gとボリューミー。

f:id:K-norita0426:20140613181712j:plain
やがて麺が無くなると、

f:id:K-norita0426:20140613181814j:plain
係りの人が「スープ割り」を薦めてくれます。
無料でチャーシュー、ネギ、柚子をトッピング。今回はサッパリと柚子オンリーで。

そして退店が12時半。滞在時間 約2時間、月曜が一番空いてるらしいので通常は3時間は覚悟でしょうか?
次回は多分 年末、「中華そば」制覇に再び来店したいと思っています。

お腹もいっぱいになり、待ち合わせまでの時間は映画鑑賞でも。

f:id:K-norita0426:20140613181926j:plain
そこで船橋にある「ららぽーとTOKYO BAY」に向かいます。

映画の時間までスイーツでもと思い、館内を散策するも、広すぎて何が何やら?

f:id:K-norita0426:20140613182640j:plain
開演30分前まで迷った挙句、「タリーズ」で「アサイーボウル」なるものを注文。
味わう間もなく、映画館へ移動。まさにハード&タイト。

f:id:K-norita0426:20140613182847j:plain
そして映画はこちら。「女子ーズ」 ミーハーなくせに映画はマニアの私です。
(映画の感想は読書ブログの方に書きたいと思います。)

そして次回、感動の兄弟 再会と相成るのか? 後半に続く…です。